妊娠におけるたばこの影響

「30代から取り組む不妊症対策」TOP > 妊娠しやすい体をつくる > 今から禁煙しよう

赤ちゃんがほしいなら男女とも禁煙!

禁煙マーク 喫煙は肺がんのリスクが高まったりして健康被害が懸念されるだけでなく、不妊になりやすい嗜好品でもあります。

タバコには4000種類以上の化学成分が含まれていて、
その中のいくつかの成分が生殖機能に悪影響を及ぼすといわれています。

タバコが引き起こす不妊は、女性だけではなく男性にも可能性があるので、 子供が欲しいと思っている人はできるだけ早期に禁煙したほうが良いかもしれませんね。

男性の場合には、タバコを通じることによって精子の数や質にマイナスの影響が出てしまいます。 喫煙する事によって精子の数は20%も減少すると言われていますし、精子の奇形発生率も高くなります。

精子が奇形になると受精できる確率がぐんと低くなりますし、受精できても流産や先天性奇形の原因になってしまいます。

女性の場合には、タバコを吸う事によって女性ホルモン量が急激に低下してしまいます。

女性ホルモン量が低下すると生殖機能も当然低下してしまいますし、 卵巣がダメージを受けて排卵できなくなってしまうケースもあるのだとか。

無事に妊娠できても、妊娠中の喫煙は胎児に悪い影響を与えてしまいますし、 赤ちゃんが生まれてからの喫煙は、赤ちゃんに悪い影響を与えてしまいます。

妊娠したい女性にとって、タバコは全く利益をもたらさない嗜好品なのです。

医師に禁煙指導してもらう

男性の場合も女性の場合も、タバコが影響で生殖機能にダメージを与えてしまうと大変です。

禁煙しても生殖機能が元の健康的な状態にすぐに戻ってくれるわけではありませんし、
不妊治療をするのにも時間とお金もかかりますよね。

「百害あって一利なし」と言われているタバコは、できるだけ早期に禁煙したほうが良いようですね。

なお、ヘビースモーカーの人はニコチン依存症に陥っている場合もあります。
こうなると自分の意志だけではなかなか禁煙することができませんので、医師に指導してもらうほうがよいでしょう。



妊活中、不妊治療中の方のための国産の潤滑ゼリー

>>クチコミで話題の潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】