体の冷えは不妊の原因に

「30代から取り組む不妊症対策」TOP > 妊娠しやすい体をつくる > 冷えがもたらす不妊の原因

体の冷えは不妊にも影響する

体の冷え 不妊の原因の一つでもある「体の冷え」。

特に若い世代の女性は、ファッションを意識するあまり慢性的に体が冷えている事も少なくありません。

体が冷えると血行が悪くなってしまうだけでなく、体内の内臓器官の働きも鈍くなってしまいます。

当然、卵巣や子宮などの生殖機能も鈍くなってしまうので、妊娠しにくい体質を作ってしまう事にもつながります。

寒い季節に下半身を冷やしてしまうようなファッションは、 妊娠を希望する女性なら避けたほうが賢いかもしれませんね。

また、冷たい食べ物や食材も、体を冷やして代謝を遅らせてしまう原因になります。
冷蔵庫で冷やした炭酸飲料や水なども美味しいですが、体を冷やさないためには常温で飲むように意識しましょう。

ほかにも、サラダなどの生野菜には酵素がたっぷり含まれているというメリットがありますが、 体を冷やしてしまう原因にもなってしまいます。

冷えを予防するためには、生野菜を食べる時には、 温かい汁物などと一緒に体が冷えないように気を使う事もおススメです。

冷え対策を考えよう

妊娠するためには、体の冷えを解消するのが近道。 血行を良くして代謝を活発にする事によって、生殖器官も活発に機能するようになります。

水分を取りすぎても体は冷えますし、運動不足でも血行が悪くなってしまうので体は冷えてしまいます。

運動不足の人は屈伸運動などをしたりして、できるだけ血行を良くするようなエクササイズを取り入れるだけでも、 血行が良くなります。

デスクワークをしている人などは、2時間置きぐらいの感覚で屈伸運動をしたりするのも良いでしょう。



妊活中、不妊治療中の方のための国産の潤滑ゼリー

>>クチコミで話題の潤滑ゼリー【ハローベビーゼリー】