妊娠しやすい体をつくる

「30代から取り組む不妊症対策」TOP > 妊娠しやすい体をつくる

妊娠するための生活習慣の改善

  • 食生活を改善する・・・妊娠しやすい健康な体づくりは、食生活の見直しが基本です。 毎日の食事には気を配りましょう。
  • ストレスを解消する・・・ストレスは万病の元と言いますが、不妊の一因にもなっています。ストレスをためない生活を心がけて、うまく解消するように努めましょう。
  • 冷えがもたらす不妊の原因・・・夏は冷房などで体が冷えますが、冷えは妊娠しにくい体質をつくってしまいます。とくに下半身を冷やさないように、運動をして血行を良くしていきましょう。
  • 赤ちゃんがほしいならすぐに禁煙・・・妊娠を望む夫婦にとってタバコはNG。メリットは何も無いうえ不妊の原因にもなるので、すぐに禁煙しましょう。
  • お酒はほどほどにする・・・お酒を飲みすぎている人は、ホルモンバランスが崩れて不妊の原因になる場合があります。アルコールは適量なら問題ありません。